2019.2.28
未来の賃貸経営

オーナーにとっての強い味方!そもそも保証会社とは?

(画像=Chinnapong / Shutterstock.com)
(画像=Chinnapong / Shutterstock.com)
賃貸住宅の家賃に関する保証には「家賃保証」と「家賃債務保証」があります。前者は賃借人の有無にかかわらず家賃の一定限度をサブリース会社等が保証する仕組みです。後者は賃借人から保証の委託を受けた家賃債務保証会社が、賃借人が不払いを起こした際に、その家賃をオーナーに支払う(代位弁済する)仕組みです。今回は後者の家賃債務保証会社について解説します。

家賃債務保証会社ってどんなサービスをする会社?

アパートやマンションを借りようと思ったときに悩むのが保証人の選定ですが、そんなときのために覚えておくとよいのが家賃債務保証会社の存在です。ここでは、入居者、オーナー双方にとってメリットの多い家賃債務保証会社とはどんなサービスを提供しているのか、見てみましょう。

家賃債務保証会社(以下、保証会社)のサービスは大きく分けて3つあります。
1つ目は入居者の保証人を代行するサービスです。何らかの事情で保証人が見つからない場合でも、保証会社を利用することによって入居審査が通りやすくなります。審査が通れば入居から退居まで保証してくれます。
2つ目は滞納があった場合に家賃や更新料、退居時精算費用の支払いを立替払いするサービスです。オーナーにとっては滞納リスクがないことで、入居者の間口を広げることができます。
3つ目は、訴訟問題が起きたときに法的手続きをサポートしてくれることです。以上の内容は保証会社や契約プランによって異なります。

入居者にとって保証会社を利用するメリットは?

入居者にとって一番のメリットは前述したとおり、親族・知人などに保証人を依頼しなくて済むことです。戦前の「大家族」から、「核家族化」や「単身高齢者の増加」が進み、住宅事情は大きく変化しました。地方から単身上京してくる人も多く、近くに身寄りがないという事情もあります。

また、物件によっては、単身高齢者の入居が断られるケースも多かったのですが、保証会社の登場により、高齢者や外国籍の入居も受けられるようになりました。また、保証会社が「相談窓口」を設置し、一時的に支払いが厳しくなった入居者が、当該窓口に相談し、アドバイスを受けて、生活を立て直した例があります。

オーナーにとって保証会社を利用するメリットは?

一方、オーナーにとっても保証会社を利用することに多くのメリットがあります。メリットの1つ目はオーナーがコストを負担する必要がないことです。これまで、保証人の依頼をためらって二の足を踏んでいた入居者が、保証会社に保証料を払って入居に踏み切るケースが増えています。

もう一つは、懸念される滞納リスクをカバーすることです。オーナーによっては、学生や単身高齢者、外国人は除くという方針の方もいるでしょう。その方針を変更してすべての入居者を対象にした場合は、滞納リスクが高まります。しかし、保証会社の家賃債務保証サービスを利用することで、万一滞納が発生しても迅速に立て替え払いが行わえるため安心です。

保証料の相場ってどれくらい?

気になるのが保証料金の相場です。入居者が保証会社に支払う保証料は、初回保証委託料として賃料の約30~100%を支払い、契約後1年ごとに年間保証料として1万~2万円程度となるケースが多いです。月額で833~1,667円程度ですから、保証人を依頼するわずらわしさを思えば負担感はそれほど大きくはないでしょう。

サービス内容が浸透し、近年保証会社のサービスを利用する入居者が増えています。学生、高齢者、外国人、単身上京者など、入居にハンデを負っている人も、保証会社の登場で入居のハードルが低くなりました。

オーナーにとっては、リスクなく入居率をアップできるなど、保証会社は強い味方になってくれます。保証会社は、入居者とオーナーをつなぐ「架け橋」のような存在といえるでしょう。


>>【無料eBook】費用0円ですぐに効果が出る賃貸経営の収入を増やす方法
 

【オススメ記事】
低コストリフォームのススメ。コスパよく見栄えがよいリフォームとは
賢いコスト感覚で優先的に入居者付けを!広告費(AD)の使い方
収入は減少しているのに、税金が増加?デットクロスとは?
家賃債務保証とサブリースは何が違う?違いを理解して賢く活用しよう
不動産投資は出口戦略が重要。売却にかかる費用いろいろ

NEXT AI×不動産投資。押さえておきたいサービスとは?
PREV 収入は減少しているのに、税金が増加?押さえておきたいデットクロスとは?

関連記事