2021.02.10
不動産トピックス

IoTがもたらす未来。オーナーが知っておくべきサービスとは?

最近では、マンションにIoT設備を導入するケースも増えてきました。IoTが不動産業界におよぼす影響を理解し、波に乗り遅れないようにしましょう。オーナーが知っておくべきIoT設備や、IoTの広がりによって不動産業界がどのように変化するかを解説します。

IoT設備・サービスが不動産業界に広がる

IoTはアイオーティーと読み、Internet of Thingsの略で直訳するとモノのインターネットという意味です。あらゆるモノをインターネット通信でつなぐことによって、私たちの生活を変える技術を指します。IoTによって、モノの情報を管理し、遠隔操作を行うことができます。IoTは物流や医療、農業などさまざまな業界で活用が広がっています。

不動産業界においてもIoTを導入する事例が増えてきました。現在は、入居者を募集するときの広告宣伝効果を期待して導入されることが一般的です。しかし、いずれはIoTが当たり前という時代がくるかもしれません。IoTについて正しい知識を得ておくことが、きたるべき未来に備えることになるでしょう。

防犯対策として効果的なIoT

まず、IoTでどのようなことが可能なのか、IoTを導入するメリットとあわせて解説します。IoTを導入すれば、高度な防犯対策ができます。代表的なのはスマートロックとウィンドウセキュリティです。スマートロックとは、アプリや交通ICカード、アップルウォッチなどで自宅を開錠できるシステムです。スマートロックなら鍵を持ち歩く必要もなく、紛失の心配もありません。

スマートフォンやSuicaなどのICカードをかざすだけで、簡単にドアを解錠することができます。また、自動で施錠もされるため、防犯上も安心です。入居者が鍵を紛失してしまうと、鍵の交換など大変な手間がかかりますが、スマートロックによって、賃貸経営のコストを削減することもできるでしょう。

一方、ウィンドウセキュリティとは、窓の開閉や振動を検知し、入居者のスマートフォンに知らせるシステムです。ウィンドウセキュリティによって異常が検知されれば、即座に警備会社や警察に通報が入り、しかるべき対応をとることができるでしょう。東京は単身世帯が多く、10世帯のうち7世帯が単身世帯といわれています。今後も未婚者の増加、生活パターンの変化によって、単身世帯は増加すると予測されるでしょう。そうした背景のもと、IoTによる高度な防犯対策は、非IoTの周辺マンションとの差別化を促し、オーナーにとって入居者を獲得するための大きなアドバンテージになります。

こちらもおすすめ
「テック元年」AIやVR、IoTを使った空室対策
不動産テックとは?不動産投資の未来を変えるサービス

IoTで快適な暮らしが実現する

IoTのもう一つの大きなメリットは、外部からスマート家電を操作できることです。エアコンをスマートフォンで操作すれば、帰宅時間に合わせて部屋を快適な室温に調節しておくことができます。また、立ち上がってリモコンを探さなくてもスマートフォンで照明の明るさや色味の操作も可能です。さらに、インターホンや宅配ロッカーとIoTを組み合わせたサービスも注目されています。

例えば、インターホンにカメラを内蔵しておけば、自宅以外の場所にいても訪問者の映像をアプリ経由でいつでも確認できます。従来の宅配ロッカーでは、配達物の確認が面倒といった問題点がありました。しかし、宅配ロッカーにセンサーを設置することで、宅配ロッカーに荷物が届いた時点で入居者に自動で通知が届くようにすることができます。宅配ロッカーに関するトラブルや問い合わせが少なくなれば、オーナーや宅配業者にとってもメリットがあります。
また、IoTを活用して高齢者を見守り、何かあればすぐに家族や看護師常駐のコールセンターに連絡がいくといったサービスもあります。高齢者の単身世帯が増加することにともない、IoTによる見守りサービスはますます広がっていくでしょう。

IoTが普及した未来の賃貸経営

現在では、IoTが高額なことやメンテナンスコストがかかることを懸念してIoT導入に躊躇するオーナーも少なくありません。一方で、企業を中心にIoTを導入し、周辺物件との差別化を図る動きも高まっています。いずれはIoTがあって当たり前という時代がくるかもしれません。

また、4G(第4世代移動通信システム)より高度化・高速化の進んだ5Gが普及することで、IoTの市場は一気に加速するといわれています。きたるべきIoT時代に備えて、賃貸経営のあり方を今一度見直しましょう。

【オススメ記事】
【無料eBook】費用0円ですぐに効果が出る賃貸経営の収入を増やす方法
純資産10億円を実現した不動産オーナーが語る01-「儲かる大家さん」「損する大家さん」の違い
地震保険でアパートを建て直せる?どこまで補償を手厚くすればいい?
所有物件で家賃滞納が発生! そのまま退去されてしまった場合の対策とは?
自主管理するメリットとデメリット!デメリットを回避するサービスとは?

PREV 義務化された「インスペクション」を知っていますか?
NEXT AI×不動産投資。押さえておきたいサービスとは?

関連記事

自主管理の方法を知る

  1. 【結局どっちなの?】大家さんの自主管理と管理委託のメリットとデメリット
  2. 自主管理大家も納得!良質な管理委託会社の賢い選び方と注意点12項目
  3. 自主管理は効率が良い!?大家による管理の実態

空室対策の方法を知る

  1. アパートのリフォームは空室対策に有効!費用相場と予算を抑えるポイントとは
  2. 「テック元年」AIやVR、IoTを使った空室対策
  3. 【カリスマ大家さんはやっている!?】ネットリフォームで入居率を上げる

家賃保証を知る

  1. 家賃保証ってなに?必要になる7大ケースと賃貸人のメリットとデメリット
  2. 家賃の立て替えが増えても大丈夫?安心な保証会社を選ぶ3つのポイント
  3. 2020年4月施行の民法改正が不動産賃貸業に与える影響について Part7~民法改正後の保証会社の活用方法

賃貸経営のトレンドを知る

  1. 【新型コロナ対策】家賃引き下げや家賃滞納でキャッシュ不足にお悩みの大家さんへ
  2. 安心感で入居率を高める、賃貸経営におけるマンションのセキュリティシステム導入メリット
  3. 【ボロアパートだったのに…】サラリーマン大家のためのリフォーム術!

大家さんの保険を知る

  1. 台風で物件が被害に! 火災保険は適用される?
  2. 台風で物件が水害に!火災保険を使って直すには?
  3. 地震保険でアパートを建て直せる?どこまで補償を手厚くすればいい?

キーワード