2021.02.12
賃貸経営

「高齢者見守りサービス」と「孤独死保険」で賃貸経営の安定を実現する

人口減少が加速する日本においては、高齢者を入居者として検討する必要性が高まっています。しかし、高齢者に入居いただくとき、気になるのが孤独死リスクです。本記事では、はじめに高齢者マーケットの可能性を再確認し、その上で、孤独死リスクを軽減するための「高齢者見守りサービス」と「孤独死保険」について解説していきます。これらのサービスを利用することで、孤独死リスクを回避しつつ安定経営ができることをご理解いただけるはずです。

高齢者の単身世帯は今後20年間で約193万世帯も増加する

これから先、本格化する人口減少社会は、賃貸住宅の経営に逆風です。しかし、単身高齢者マーケットに着目すれば、状況は一変します。今後、単身の高齢者世帯が確実に増えていくため、高齢者向けの賃貸住宅には追い風です。

実際に、65歳以上の単身世帯(高齢者の単身世帯)がこれから先、どれくらいのペースで増えていくか推計をチェックしてみましょう。下記のように2020年と2040年を比べると、65歳以上の単身世帯は193万世帯も増加していきます。

▽日本の65歳以上の単身世帯数の予測

世帯数
2015年 625万世帯
2020年 703万世帯
2025年 751万世帯
2030年 796万世帯
2035年 842万世帯
2040年 896万世帯

出典:国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計」(2018年全国推計)※万以下は四捨五入

孤独死リスクが高齢者向けの賃貸住宅への参入を阻む

ただ現実的には、「高齢者向けの賃貸住宅が有利!」と頭でわかっていても、この市場に参入すべきか迷うオーナーも多いでしょう。障壁になるのは孤独死リスクです。もし、孤独死が発生すれば、家賃の減額や空室リスクは避けられません。

逆にいうと、孤独死リスクさえ解消できれば、「高齢者向けの賃貸物件に参入しやすくなる」といえます。そこで取り上げたいのが、孤独死防止対策として注目されている「高齢者見守りサービス」です。

高齢者見守りサービスには「安否確認型」と「IoT型」がある

高齢者見守りサービスは、「安否確認型」と「IoT(モノのインターネット)型」に大別されます。

安否確認型の高齢者見守りサービス

安否確認型の高齢者見守りサービスは、決まった曜日や時間帯に安否確認を行うものです。安否確認に出られなかった場合、指定されたメールアドレス(ご家族やオーナーなど)に連絡がいく仕組みです。

具体的なサービスの一例としては、株式会社あんしんサポートの「あんしん見守りサービス」があります。このサービスでは基本的な安否確認に加えて、看護師やヘルパー資格を持つ専門家の365日24時間サポートも行っています。

同様の安否確認型の高齢者見守りサービスとしては、ホームネットの「見まもっTEL」もあります。これは見守りサービスにプラスして、孤独死が発生したときの原状回復費用や事故対応費用などを提供するものです。

IoT型の高齢者の見守りサービス

IoT型の高齢者見守りサービスは、生活動線にセンサーを配置したり、見守り用のカメラを室内に配置したりして高齢者の生活をサポートします。機器の進化と Wi-Fi無料の賃貸物件が増えている環境などを背景に今後、発展していくと予測されます。

サービスの一例では、セコムが提供する「親の見守りプラン」では、室内のセンサー設置と高齢者の胸元ペンダントの2つの方法で高齢者をサポートします。胸元ペンダントは、体の異変を感じたときにそれを握ると、セコムに緊急信号が送れる仕組みです。

孤独死リスクは孤独死保険でリスクヘッジできる

このような見守りサービスで孤独死リスクは軽減できますが、あわせて孤独死保険を活用するとさらなるリスクヘッジになります。孤独死保険とは、所有している賃貸住宅で入居者の孤独死が発生したとき、原状回復費や空室期間の家賃保証(または値下げしたぶんの家賃保証)などをカバーしてくれるサービスです。

住友生命グループの「無縁社会のお守り」

孤独死保険の一例としては、 住友生命グループのアイアルが提供する「無縁社会のお守り」があります。原状回復費用として100万円まで、空室期間などをカバーする家賃保証保険金として200万円までが支払われます(いずれも1事故あたり)。

Casaの「家主ダイレクト」

自主管理をしているオーナー向けの「Casaの家主ダイレクト」にも孤独死保険が自動付帯されています。家主ダイレクトは、滞納があっても家賃を24ヶ月100%保証するサービスで、20万人以上のオーナーに利用されています。この家主ダイレクトに加入すると、孤独死保険が自動的に付き次の4つのリスクをカバーできます。

  • 家賃損失
  • 原状回復費用
  • 事故対応費用
  • 空室期間短縮のための部屋の改築費用

【参考】家主ダイレクトについて詳しくはこちら

今後の高齢者社会を見据えて、対策の準備をしておこう

これから先、高齢者向け賃貸住宅のニーズは確実に高まってきます。これを見込んで、数多くのオーナーがこの市場に参入してくることが予想されます。そのため、ここでご紹介した高齢者見守りサービスや孤独死保険を活用して競争が激化する前に参入し、先行者利益を得ることが大切になってくると考えられます。
【オススメ記事】

2020年4月の民法改正で賃貸借契約はどう変わる?
自主管理するメリットとデメリット!デメリットを回避するサービスとは?
極度額の明記が必須に!民法改正によって連帯保証人はどうなるのか?
民法改正で、オーナー・入居者の修繕義務はどう変わった?
民法改正で「敷金」の扱いはどう変わる?

PREV 新婚向け家賃補助の対象が拡大!家賃収入の安定化のカギに
NEXT 家主ダイレクトで徹底解説!大家が直接契約すべき家賃保証サービスとは

関連記事

自主管理の方法を知る

  1. 【結局どっちなの?】大家さんの自主管理と管理委託のメリットとデメリット
  2. 自主管理大家も納得!良質な管理委託会社の賢い選び方と注意点12項目
  3. 自主管理は効率が良い!?大家による管理の実態

空室対策の方法を知る

  1. アパートのリフォームは空室対策に有効!費用相場と予算を抑えるポイントとは
  2. 「テック元年」AIやVR、IoTを使った空室対策
  3. 【カリスマ大家さんはやっている!?】ネットリフォームで入居率を上げる

家賃保証を知る

  1. 家賃保証ってなに?必要になる7大ケースと賃貸人のメリットとデメリット
  2. 家賃の立て替えが増えても大丈夫?安心な保証会社を選ぶ3つのポイント
  3. 2020年4月施行の民法改正が不動産賃貸業に与える影響について Part7~民法改正後の保証会社の活用方法

賃貸経営のトレンドを知る

  1. 【新型コロナ対策】家賃引き下げや家賃滞納でキャッシュ不足にお悩みの大家さんへ
  2. 安心感で入居率を高める、賃貸経営におけるマンションのセキュリティシステム導入メリット
  3. 【ボロアパートだったのに…】サラリーマン大家のためのリフォーム術!

大家さんの保険を知る

  1. 台風で物件が被害に! 火災保険は適用される?
  2. 台風で物件が水害に!火災保険を使って直すには?
  3. 地震保険でアパートを建て直せる?どこまで補償を手厚くすればいい?

キーワード