2021.02.12
税金

贈与税の申告の仕方は? 申告期限に遅れたらどうなるの?

年間110万円以上の資産を贈与した場合は、贈与税がかかります。では、実際に贈与を行った時、贈与税の申告はどのようにすればいいのでしょうか。また、申告期限に遅れた場合はどうなるのでしょうか。

【目次】

そもそも贈与税とは?

個人から財産をもらった時に、財産をもらった側が支払う税金が贈与税です。贈与税は、税率が最高55%と非常に高額です。ただし、贈与に対して年間110万円の基礎控除額があります。たとえば、祖父から、ある年の1月1日から12月31日までの贈与の合計額が110万円までなら、贈与税はかからないのです。

つまり、110万円以内の贈与を毎年行なえば、贈与税を支払うことなく財産を移転できることになります。毎年110万円以内の贈与も長期にわたって行えば、まとまった額になります。相続対策を考えている人は、このように基礎控除を使って生前贈与することを検討してもいいでしょう。

贈与税の申告と納税の方法

誰かから贈与を受けた際、その額が年間110万円までなら贈与税はかからないので、申告する必要もありません。しかし、110万円を超えた場合は、申告と納税の義務が発生します。申告期限は、財産をもらった年の翌年の2月1日から3月15日までに行います。確定申告と同じ時期なので、毎年確定申告を行っている人は併せて手続きをするといいでしょう。

所得が給与所得のみの人などで確定申告を行っていない場合の人も、贈与税の申告書を作成して提出する必要があります。申告書は国税庁のサイトでダウンロードするか、最寄りの税務署でもらえます。また、e-tax(電子申告)で提出することもできます。申告書は、贈与してもらった人の住所を所轄する税務署に提出します。郵送で提出することもできます。

贈与税の納付は、税務署や金融機関で行います。納付書が置いてある金融機関もありますが、ない場合は税務署で納付するといいでしょう。インターネットで、クレジットカードやインターネットバンキングなどを利用して納付することもできます。

こちらもおすすめ
住宅購入資金を非課税で贈与してもらえる「住宅資金贈与の特例」とは?
土地を生前贈与する方法やメリット・デメリットについて

贈与税の申告期限に遅れたらペナルティが発生!

贈与税の申告・納付を期限内に行わなかった場合は、ペナルティが発生します。その一つが「無申告加算税」です。申告期限を過ぎたのに申告していなかった場合に課される税金です。無申告加算税の税率は、本来納付すべき税額に対して5~20%です。

また、「延滞税」も発生します。延滞税は、納付期限の翌日から納付する日までの日数に応じて発生する利息のようなものです。延滞税の税率は、期限から2ヵ月目までは低く、それ以降に納付すると高くなります。2019年現在の延滞税率は、2ヵ月以内は年2.6%、2ヵ月を超過すると年8.9%です。

さらに、悪質と見なされた場合は「重加算税」として、本来納付すべき税額の35~40%という重いペナルティが課せられます。場合によっては、刑事罰が科されることもあります。

贈与の申告をしなければいけない人が亡くなった場合、その人の相続人が贈与税の申告をしなければいけません。相続をしたときには贈与の申告が必要かどうかも必ず確認しましょう。
贈与税の申告期限を過ぎたからといって、すぐに税務署が連絡してくるわけではありません。忘れた頃に通知が来て、多額の無申告加算税や延滞税を支払う事態になってしまうケースがあります。「税務署にばれることはないだろう」などと考えずに、きちんと自分で計算して申告・納税するようにしましょう。

払えない場合には「延納」という手段も

なお、不動産などを贈与された時などに多額の贈与税が発生し、現金で一度に納税するのが難しいことがあります。そんな時は、延納(先延ばし)という方法があります。

・納税額が10万円を超えていること
・金銭で一度に納めることが難しい理由があること
・担保を提供すること

この3つすべてに当てはまる場合、贈与税を5年以内の分割払いにできます。延納を選ぶ場合は、贈与税の納期限までに延納申請書や担保関係書類を提出する必要があります。
110万円以上の贈与受けた際は必ず申告期限に注意しましょう。
申告の期限は1ヵ月半と短いため、うっかり忘れていて延滞税の対象とならないように注意する必要があります。

【オススメ記事】
【無料eBook】費用0円ですぐに効果が出る賃貸経営の収入を増やす方法
純資産10億円を実現した不動産オーナーが語る01-「儲かる大家さん」「損する大家さん」の違い
地震保険でアパートを建て直せる?どこまで補償を手厚くすればいい?
所有物件で家賃滞納が発生! そのまま退去されてしまった場合の対策とは?
資産承継前の注意点!被相続人がやるべきこと

PREV 土地を生前贈与する方法やメリット・デメリットについて
NEXT 不動産相続税の計算と節税方法をチェックしよう!

関連記事

自主管理の方法を知る

  1. 【結局どっちなの?】大家さんの自主管理と管理委託のメリットとデメリット
  2. 自主管理大家も納得!良質な管理委託会社の賢い選び方と注意点12項目
  3. 自主管理は効率が良い!?大家による管理の実態

空室対策の方法を知る

  1. アパートのリフォームは空室対策に有効!費用相場と予算を抑えるポイントとは
  2. 「テック元年」AIやVR、IoTを使った空室対策
  3. 【カリスマ大家さんはやっている!?】ネットリフォームで入居率を上げる

家賃保証を知る

  1. 家賃保証ってなに?必要になる7大ケースと賃貸人のメリットとデメリット
  2. 家賃の立て替えが増えても大丈夫?安心な保証会社を選ぶ3つのポイント
  3. 2020年4月施行の民法改正が不動産賃貸業に与える影響について Part7~民法改正後の保証会社の活用方法

賃貸経営のトレンドを知る

  1. 【新型コロナ対策】家賃引き下げや家賃滞納でキャッシュ不足にお悩みの大家さんへ
  2. 安心感で入居率を高める、賃貸経営におけるマンションのセキュリティシステム導入メリット
  3. 【ボロアパートだったのに…】サラリーマン大家のためのリフォーム術!

大家さんの保険を知る

  1. 台風で物件が被害に! 火災保険は適用される?
  2. 台風で物件が水害に!火災保険を使って直すには?
  3. 地震保険でアパートを建て直せる?どこまで補償を手厚くすればいい?

キーワード